治療内容

2月 17th, 2010 zest0217

hanaホワイトニング

ホワイトニングとは、汚れてしまったり変色してしまった歯を元の白い歯に戻す治療です。単に磨いていただけできれいになってしまう場合から、過酸化尿素を主成分とした薬剤で処理したり歯を削ってセラミックのクラウンをかぶせたりしなければ治らない場合までありますが、当医院では極力歯を傷つけないで満足して頂けるよう充分に相談し検討した上で治療を行います。


ホワイトニングを始めるにあたって

以下の症状のある方は注意が必要です。
現在、歯がしみている方・虫歯がある方または治療中の方・歯ぎしりのある方
健全でない歯
就寝中の装着
無カタラーゼ症
妊娠中、授乳期の女性
小児
重度の歯肉炎や歯周炎


ホワイトニング後の注意事項

ホワイトニング後は30分、次の食品をなるべくお控え下さい。コーヒー、紅茶、ウーロン茶、カレー、赤ワイン、タバコ、炭酸飲料(特にコーラなど)、トマトソース、辛子、ケチャップ、しょうゆ、ソース、柑橘系飲料や果物など(その他、白いシャツに染みの出来るようなもの)


ホワイトニング後のメンテナンス

ホワイトニングは、適切なメンテナンスによって白さが保てるものです。お肌の美白と同じようにメンテナンスを行わないと個人差はありますが、半年から1年で徐々に色が戻ってきます

white


オフィスホワイトニング

歯科医院で特殊な光を用いて、歯を削らずに白くすることができるホワイトニングです。

・1歯単位で行うため、神経がない歯や特定の歯のみ白くしたい方にお薦めです。
・1週間~10日の間隔で2~3回回数を重ねられる事をお勧めします。
・料金 1本 5,250円(1本につきですので、何回か繰り返して行った場合も5,250円変わらずです)


hanaフッ素塗布

フッ素の虫歯予防効果

1.歯質の強化
  歯の主成分であるハイドロキシアパタイト(カルシウムとリン酸の複合体)に対してフッ素は
  科学的に結合し、プラークから作られる酸に対して非常に抵抗力のある「フロールアパタイト」
  の形成を促進します。

2.脱灰の抑制
  フッ素の作用によって歯の表層のミネラル(カルシウムやリン)が溶け出すことを防ぎます。

3.再石灰化の促進
  唾液中のカルシウムなどが歯に吸着し、脱灰によって失われたミネラルを修復する現象を
  再石灰化と呼びますが、唾液中にフッ素がある事によって歯の表面にカルシウムが沈着
  する再石灰化を更に促進します。

4.細菌の抑制
  プラークの中に存在する虫歯菌が糖を分解・代謝して歯を溶かす酸を作るのですが、
  フッ素が虫歯菌の糖代謝を抑える事によって歯を溶かす酸が減少します。

 hana 2%フッ化ナトリウム・リン酸酸性溶液を塗布します。
    塗布後30分はお食事などなさらないようにご注意ください。
    年3~4回 定期的に塗布することによって最大限の効果を期待できます。
    1回につき 1,500円(フッ素塗布のほか、ブラッシング指導・虫歯チェック)


hana小児歯科

緊急性のある場合を除いて、本人が自ら治療台に座り、口を開け、治療をしていこうという気持ちを育てます。
年齢が低い場合はもちろん、嫌がる場合は、無理やり治療するのではなく練習から始めるようにしています。

最初のうちは極度に嫌がったり、大泣きする場合もありますがあきらめないでください。
スタッフや診療室内の雰囲気に慣れてくれば、回数がかかってしまう場合もありますが、治療できるようになることがほとんどです。

お子様の成長ぶりは目にみえてはっきりわかり、それがご両親や私たちの大きな喜びにもなります。


hana矯正治療

矯正と聞くと、治療費が高い、期間が長い、目立つ器具をはめる、痛い、歯を抜く、などと大変な治療のように思っている方が多いですが、決してそんなことはありません。
当医院では、患者さんのニーズにあわせ皆様がより快適に、より質の高い治療を矯正の専門医が行っていきます。